使っていない土地に太陽光パネルを設置する~草刈と抜根が必要~

太陽光発電

現在使っていない土地がある人の多くは、有効活用できないかと考えることでしょう。土地の有効活用方法として挙げられるのは太陽光パネルの設置です。しかし太陽光パネルを設置するとなると、土地をある程度綺麗にする必要があります。設置する前に草取りや抜根をしてスペースを確保しましょう。

作業内容について

草取り
草刈と草取りはやり方が違います。草刈は鎌を使い、草を刈っていくというものです。一方草取りは、道具を使うことなく、素手で草を抜いていくというものです。草取りは草刈と違い、雑草の根本から抜き取り除去するので、雑草がまた生えてくるということはありません。草刈は根本が残った状態なので、雑草がまた生えてきます。太陽光パネルを設置する場合は、草取りをして敷地を綺麗にすることをおすすめします。
抜根
庭木の伐採を考えるのであれば、抜根までしてもらいましょう。伐採だけで終わってしまうと、切り株が残るので後々邪魔に感じてしまいます。切り株は個人の力で取り除くことは難しいため、業者に依頼して抜根してもらう必要があるでしょう。抜根をすることで、庭の敷地が広く見えるようになります。また抜根した部分に邪魔なモノがなくなるため、空いたスペースに太陽光パネルを設置するなどして、有効活用することができます。

雑草や切り株があると、使えるスペースも使えない状態になってしまします。これから太陽光パネルを設置しようと考えているのであれば、まずは草取りや抜根をしておく必要があるでしょう。抜根は一人で行なうのは難しいため、業者に抜根は任せておきましょう。

木の影は発電効率に影響します~剪定を行ないましょう~

太陽光パネルを設置する際に問題となるのは、十分なスペースが確保できるかどうかや、影ができやすい場所でないかどうかです。周辺に木が多過ぎると、太陽光パネルを設置することは難しくなってしまいます。ここでは影が与える影響と、木をどう対処すればいいかについて紹介します。

木の剪定で太陽光パネルの発電効率を上げる

木の影が落ちると発電効率に影響がありますか?
あります。太陽光パネルは太陽光を集めて電気を生み出します。つまり太陽光を吸収することができないと、当然、電気を生み出すことができないのです。電気の発電量は影ができるだけで大きく変わってきます。他に影意外にも発電量が下がる原因があるのです。それは太陽光の強さです。太陽光が強ければ強いほどに、それだけ発電量に影響を与えることになります。
影が落ちないようにするにはどうすればいいでしょうか?
周辺にある木をなくすのが一番良いでしょう。近くに木がある場合は、葉っぱや枝のせいで影ができてしまい、エネルギー吸収の効率が悪くなってしまいます。安定して発電し続けたい場合は、周辺にある木は邪魔になってしまいます。しかし伐採して抜根までするというわけにはいかないという場合は、剪定をしましょう。周辺にある木を剪定することによって、木の枝や葉っぱが太陽光パネルの邪魔にならないようにすることができます。
草木

太陽光は影がある場所に設置すると、発電効率が悪くなってしまいます。空に浮かぶ雲はしょうがないとして、それ意外で影を作るものは徹底してどうにかする必要があります。特に木は剪定、もしくは抜根でどうにかできます。

TOPボタン