草取りや抜根、剪定を行なうのであれば定期作業も利用すると便利

太陽光パネルは設置の後の手入れも大切!

太陽光発電

太陽光パネルを設置したら、定期的に点検をするようにしましょう。特に雑草が太陽光パネルの周りに生えないようにする必要があります。パネル周辺に雑草があると太陽光パネルに大きな悪影響を与えます。

業者が語る太陽光パネルへの影響

発電効率の問題だけではないんです(太陽光パネル業者)

太陽光パネルで考えられる問題は発電効率以外にもあります。例えば雑草です。雑草は発電効率を低下させてしまします。雑草が長くなると、パネルに覆いかぶさる恐れが出てきます。そうすると影ができるので発電効率が下がっていくのです。他にも、夏場は非常に暑くなります。そのため、ソーラーパネルも暑さの影響を受けますが、風があることで熱を溜め込まなくて済むのです。しかし周辺に雑草が生えていると、風通しが悪くなり熱が溜まることで、発電効率を下げてしいます。また単に発電効率が下がるだけではなく、そのうち太陽光パネルの故障にも繋がります。

雑草が太陽光パネル周辺で成長し続けるというだけで大きな影響を与えます。また、太陽光パネルの故障にも繋がるので、草取りは定期的に行ないましょう。

定期作業が便利

定期作業に対応している業者に作業の依頼をすると、雑草が成長して大きくなる前に除去してくれます。定期的に土地にスタッフが訪れ、雑草があるかどうかの点検や、草取りをしてくれるので太陽光パネル周辺を綺麗に保つことができるのです。また、毎回自分で雑草が生えているかどうかを確認し、業者に草取りの依頼をするという、無駄な工程も省けるのでとても楽になります。

予防方法を考える

クローバーを意図的に繁殖させることで、雑草が成長しにくい環境を作るという予防方法があります。定期的に水をあげることでクローバーが枯れないように管理します。他には防草土を使うという方法があり、この土は草が生えにくい土ですので、雑草が生えるのを防いでくれるのです。防草土と防草シート一緒に使うことで、雑草が生えにくくなるでしょう。

TOPボタン